重要なお知らせ
料金について
国別通話料金
Telink国際電話の料金表
他社料金比較 Telinkの各国、地域への通話料金がとてもお得です

使い方について
アクセスポイント一覧
Telinkの使い方 ご利用開始までの流れなど
法国番号検索 便利な国番号検索
よくある質問
法人のお客様へ 経費削減にも有効な通信費削減ソリューション
トップページアジア各国への国際電話のかけ方中国への国際電話のかけ方 ≫ 中国で使われている言語と話す際に注意すべきこと

中国で使われている言語と話す際に注意すべきこと

日本で地域ごとに方言が話されているように、
中国でも地域ごとに話される中国語にはいくつかの種類があります。

≪中国で話される言語の種類≫
●北京語
中国の首都、北京を中心に広く話されている標準語となっています。
中国では北京語が公用語となっていて、日本でよく言われる中国語も
この北京語を指しています。

●東北語
中国の東北地方で話されている言語です。
北京語とあまり変わりはありませんが、地域によっては独特の方言があります。

●広東語
香港・マカオや中国南部を中心に話されています。
香港のテレビやラジオなどのメディアで使用され、
新聞や雑誌でも方言を使用した文章がよく見られます。
北京語とはイントネーションが大きく違いますが、
欧米やオセアニアの中国系社会でも主要な方言となっています。

●河南語
河南省で使用されている、独特のなまりのある言語です。

●四川語
四川省で使われる最も北京語に近く、使用人口の多い言語です。

●上海語
大都市上海で話されている言語です。
中国語の主要言語である呉語の代表とされており、
近年はテレビ番組でも上海語が多く使われています。
標準語の北京語と上海語では会話が成り立たないこともあります。

≪話す際のポイント≫
中国語は発音にとても特徴があり、声調という音の高低や、
有気音と無気音の違い、「z」と「ch」の舌の違いなどを聞き取り、
発音することがとても重要です。
さらに、中国語のネイティブスピーカーは、早口になる傾向がありますので、
この速度についていくことが会話をする時のポイントになります。

中国への国際電話は、Telink(テリンク)の格安国際電話サービスをぜひご利用ください。




このページのトップへ
PR