重要なお知らせ
料金について
国別通話料金
Telink国際電話の料金表
他社料金比較 Telinkの各国、地域への通話料金がとてもお得です

使い方について
アクセスポイント一覧
Telinkの使い方 ご利用開始までの流れなど
法国番号検索 便利な国番号検索
よくある質問
法人のお客様へ 経費削減にも有効な通信費削減ソリューション

インドで使われている言語と注意

≪多彩な文化を裏付けるインドの諸言語≫
インドでは、ヒンディー語、英語の2公用語のほか、
方言を含めて約2千もの多彩な言語が使われています。
同地で発生したドラヴィダ語、印欧語の系統に加え、
中東や西欧の言語などが融合した言語が多く、
ベンガル語、ヒンディー語、カンナダ語、
ウルドゥー語などや、古典語として有名なタミル語、
サンスクリット語などが生まれています。

≪政府公認の公用語・ヒンディー語≫
インド憲法上では、連邦政府公認の公用語は
デーヴァナーガリ文字で表記したヒンディー語です。
インドの人口全体の約2割の人々の母語とされる
ヒンディー語は、北部インドを中心に、
理解できる人がインド人全体の約半数に達し、
同国では最もポピュラーな言語と言うことができます。

≪インドと英語のこれから≫
産業や経済の急速な発展とともに、インドにも
グローバルビジネスの影響が顕著に見られる現在、
英語がもう一つの公用語として存在感を増しています。
インド旅行の際にも、観光客レベルの英会話が
できれば不自由はないとも言われ、実際に、
現在インド国内で英語を話す人は、
少なくとも5000万人から最大で2億5000万人とも
推定されています。ただ、現地の言語と英語が混ざって
“ヒングリッシュ”などと揶揄されることもあるように、
人によって相当に強い訛りが見られる
場合があることには注意が必要です。




このページのトップへ
PR