重要なお知らせ
料金について
国別通話料金
Telink国際電話の料金表
他社料金比較 Telinkの各国、地域への通話料金がとてもお得です

使い方について
アクセスポイント一覧
Telinkの使い方 ご利用開始までの流れなど
法国番号検索 便利な国番号検索
よくある質問
法人のお客様へ 経費削減にも有効な通信費削減ソリューション

インドネシアで使われる言語と周辺事情

≪多彩な言語と公用語が共存≫
固有の文化を持つ多民族で構成されるインドネシアでは、
公用語のインドネシア語のほかに、
地域ごとにバタック語、スンダ語、ジャワ語、
バリ語など583以上もの多彩な言語が生きています。
インドネシア語を日常使用するのは
約3千万人ほどですが、第2言語として
話せる人口は相当数にのぼるとされます。
都市部のジャカルタなどへ出稼ぎする場合は、
インドネシア語のスキルは必須です。

≪時制のないインドネシア語≫
インドネシア語は、交易語だったマレー語の
一方言をベースに発展した関係で、
マレーシア語とは非常に通じやすく、現在は表記法も共通です。
またシンガポール、ブルネイでもある程度は通じます。
また、インドネシア語は文法上に時制がありません。
過去、現在、未来を表わす場合は「明日」や
「昨日」といった時間を表わす語を添えたり、
副詞を用いて表現します。

≪他国の言語との関係≫
現在は、ジャカルタやリゾート地では
英語が通じる場合も多くなっていますので、
観光や短期滞在の日本人なら、英語使用でも
問題ないという意見もあります。
一方で、インドネシア語は学校教育、行政、
マスコミでは公用語として採用しているため、
普及率が高く、たいていの地域で通じるとも言えます。
近年は、中国とのビジネスを意識して、
教育の現場では中国語に比重が置く傾向があります。
かつて必須とされた英語から中国語へ、
主役交代の時代なのかも知れません。




このページのトップへ
PR