重要なお知らせ
料金について
国別通話料金
Telink国際電話の料金表
他社料金比較 Telinkの各国、地域への通話料金がとてもお得です

使い方について
アクセスポイント一覧
Telinkの使い方 ご利用開始までの流れなど
法国番号検索 便利な国番号検索
よくある質問
法人のお客様へ 経費削減にも有効な通信費削減ソリューション
トップページアジア各国への国際電話のかけ方フィリピンへの国際電話のかけ方 ≫ フィリピンで使われている言語と話す際に注意すること

フィリピンで使われている言語と話す際に注意すること

フィリピンの標準語は、タガログ語といわれる言語ですが、正確にいうと、
首都マニラのあるルソン島で話されていたタガログ語をベースにした
「フィリピノ語」が公用語とされています。
しかし、もとになった言語がタガログ語のため、
フィリピンの人はこの2つの言語の違いにはあまりこだわっていないようです。

フィリピンには80前後の現地語が現在も使われているといわれています。
主な言語には、「セブノア語」「ワライ語」「イロカノ語」「パンパンガ語」などがあります。
フィリピンの人は、タガログ語と現地独自の言語を日常生活の中で2つを使い分けるほかに、
第3の言語として英語が話されています。
フィリピンはアメリカ・イギリスに次いで世界で3番目に英語を話す人口の多い国です。
よって、街でも英語の標識や看板が多く見られ、
映画館で放映されるアメリカ映画も字幕なしで放映されています。

学校教育でも国語の授業(タガログ語)以外では、英語が使われることが多いです。
会話の中では「Excuse me.」、「I’m sory」などは英語で言うのが一般的のようです。
また、フィリピンでは英語とタガログ語が入り混じった「タガリッシュ」という
言葉もよく使われています。

英語でも十分会話ができるフィリピンですが、
挨拶や簡単なタガログ語が使われると、とても喜んでもらえます。
あいさつやお礼では、言葉の最後に「po(ポ)」をつけると丁寧な言い方になるようです。

Telink(テリンク)国際電話サービスでは、
フィリピンへ格安の通話料金で国際電話をかけられるサービスを提供しています。
タガログ語も使ってフィリピンへ国際電話をしてみましょう。




このページのトップへ
PR